中井窯 坂本章作  8寸5分黒白染分皿

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
青黒の染め分け皿があまりに知られるが、
染め分けの重なり部分がやや強調された感で、
これは私たちの方向ではない。
しかし黒と白の重なり合ったグレーの部分のにじみが自然で嫌みが無く、
デザイン化された皿でありながら個性を感じささせない、
平常無事な際立った皿に出来上がっている。

小石原焼 太田哲三 白刷毛目縁付8寸皿、飴釉刷毛目縁付8寸皿

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
どちらも秋月野鳥の工房の登り窯で焼成したもの。
両方とも還元がかかり、よく焼け、
小石原らしい力強さによって刷毛の打った力を消し、
自然に任せたすばらしい皿になっている。
しかも軽い。

小鹿田焼 坂本浩二 黒釉トビカンナ6合壷

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。 
本来トビカンナは白化粧土を施して打つものであるが、
生地にトビカンナを施し黒釉のみで焼き上げたものは、
1番窯、2番窯の火前に置く破損前提でつくったもの。
しかし黒釉が窯変によってさび黒になって焼きの調子が良く、形がいい。
この写真だけで見れば大壺とみても同じ感動を覚える。

小鹿田焼 柳瀬朝夫 飴釉刷毛目土瓶

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
倉庫の中から探し出したものだが、
これもまただいぶ前のものだろうが昨年のものと本人は言う。

小鹿田焼 柳瀬朝夫 飴釉青打掛ピッチャー

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
朝夫さんの倉庫より見つけ出したもの。
平成24年度の民藝館展で協会賞を70歳を過ぎて受賞されたが、
それも現在つくられたものでなく、
このピッチャーも昨年つくったと本人は言うものの
10年以上前のものだろう。
本人が昨年というから昨年とするが。
つくりといい、引きの軽さといい、活き活きとしているし、
朝夫さん的なものは今では残念ながら見られない。

北窯 松田共司 飴黒釉トビカンナ渡名喜瓶

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
「民藝の教科書」取材の際、ロクロ引きでつくってもらったものだが、
20年ぶりにつくったというが、見本の古作に忠実にひいたかがわかり、
頚部のきっちりした形が琉球文化の伝統をふまえた逸品に仕上がった。

北窯 宮城正亨 ゴス丸紋つなぎ7寸皿

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
宮城君らしい大胆なゴスの丸紋が、珍しくおさまり、
活き活きとして訴えてくる。
数多くある中でこれが目立った。

北窯 松田共司 飴釉トビカンナ指描紋蓋物

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
このような模様は琉球の伝統には無いが、
各方面からの模様を沖縄らしい器物に施すことによって
あたかも伝統の技法に見えるのが不思議。
これだけの形をつくれるのは共司君の技術。

北窯 松田共司 鉄釉白飴青点打尺皿

平成24年度の 日本手仕事優品展 出品作品のご紹介です。
松田共司君らしいロクロ技術。
皿の縁への反りの形が美しく、
大胆な釉薬の点打が沖縄らしい力強い豊かなものに仕上げている。
沖縄伝統の力が湧き上がったような力作。

小鹿田焼 坂本浩二窯入荷のお知らせ

今日は鎌倉も朝の雨が雪に変わったと思ったら2時間もしないうちに、
すっかり写真の様な雪景色に。
それでも、東京からわざわざお客様が来てくださいました。
こんな雪になるとは思わなかったとのこと。
ホントに・・・。
電車のダイヤも乱れていて、無事にお帰りになられたでしょうか、少し心配です。

今日の悪天候を予想していたスタッフTが、昨日寒い中で、
やっと届いた小鹿田の坂本浩二さんの荷、段ボール10箱全部の開封を1日で敢行。
いつもの手際の良さに脱帽です。
それらが今日から店に並んでいます。
明日はお休みですが、浩二さんの器の写真を撮って
ホームページにUPしたいと思っています。
小鹿田焼がいっぱいの1月のもやい工藝にぜひお越しください。

久野R


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:883 最後に更新した日:2019/01/03

search this site.

others

mobile

qrcode