やちむん展から(カラカラ編)

やちむんには様々な酒器がありますが、

そのうちの一つ「カラカラ」をご紹介します。

 

こちらも酒器としては独特な形です。

中央、上方向にスッと伸びた口に、

ふっくらと膨らんだ胴に付いた細い注ぎ口。

 

琉球は中国や東南アジアとの交易により、

王族や高級士官向けの陶磁器を輸入していました。

その中から取り入れられた形であるとも言われます。

 

ちなみに、薩摩焼や九州の一部焼き物にも「カラカラ」と

呼ばれる酒器があります。

形は別物ですが、特徴は共通していることから、

琉球との交流の中で伝わったものかもしれません。

 

北窯・松田共司さんのカラカラ。

口、注ぎ口共にしっかりと取られ、ふっくらとした胴の形。

オーグスヤー(緑釉)の濃淡が良い雰囲気を醸し出します。

 

同じく共司さんによるカラカラ。

こちらは古いものを写して作っていただいたもので、

形の違いがお分り頂けるでしょうか。

陶土には、通常のやちむんの赤土ではなく白土が用いられています。

こちらもオーグスヤーの変化が良い風情を出しています。

 

若手の作り手によるものもあります。

釉薬の流れが面白く、登り窯ならではの風合いです。

 

陶片が中に入っていて、中身が空の状態で振ると「カラカラ」と

音がなるものもあります。

 

見るのも使うのも楽しいものです。

泡盛や焼酎をより愉しめることでしょう。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:881 最後に更新した日:2018/09/14

search this site.

others

mobile

qrcode