やちむん展から(絵付け編)

「やちむん展」には連日多くのお客様にいらしていただいています。

改めてやちむんの人気を実感します。

まだまだ店内はやちむん一色です。

新しい入荷もありますので、ぜひご覧にいらしてください。

 

さて、やちむんの魅力は様々です。形、絵付け、色など、、、

その中から、今回は絵付けをご紹介したいと思います。

しかし、やちむんの絵付けは実に多種多様で、なかなかご紹介しきれません。

ここでは代表的とも言える2つの模様をご紹介します。

 

まず、唐草模様。

大胆で力強く、いきいきと描かれます。

白化粧した地に、コバルト釉や呉須釉によって絵付けをする藍色の唐草が定番です。

(もちろん他にも飴や緑などもあります)

同じ唐草模様でも、無施釉の地に直接白土で描くものもあります。

いっちん(スポイトで描く技法)によるものや、筆で描くものなど。

ちなみにここまでご紹介した4枚は、全て異なる作り手によるものです。

同じ模様でも、作り手によって全く雰囲気が違います。

 

次に点打ち(てんうち)の模様です。

こちらも沖縄らしい大らかさと明るさが感じられる模様です。

収まり良く点が描かれていますが、動きを感じさせます。

焼成時の変化により、点の形が不均一になるのも面白いところです。

こちらも2人の作り手さんから、あえて同じ色の組み合わせを。

白化粧に絵付けされた飴・緑色から、三彩点打(さんさいてんうち)と呼ばれます。

 

 

冒頭でも述べたとおり、やちむんには実に多彩な模様があり、

さらに、同じ模様でも作り手によって違う表情を見せます。
ぜひ、店頭で色々と手にとってご覧になってください。

スタッフもご案内しますので、お気軽にお声がけください!

 

写真はホームページやインスタグラムでもご覧いただけますので

そちらもどうぞご覧ください。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:881 最後に更新した日:2018/09/14

search this site.

others

mobile

qrcode