仕入れ日記 小鹿田焼共同窯 2018年4月窯出し

鎌倉では「やちむん展」開催中ではありますが、

そんな中小鹿田共同窯の窯出しに行ってきました。

今回は、坂本浩二窯、黒木富雄窯、柳瀬晴夫窯の窯出しです。

 

4月にもかかわらず、最高気温30℃を記録した日田。

小鹿田は日田の中心部から離れた山間部にあるためか、

多少は涼しく感じられるものの、この日も初夏を感じさせる陽気でした。

 

 

窯出しされたものが仕分けされた黒木富雄窯。

 

どの窯元も上がりは良かったようです。

気候が乾燥していた為か、窯焚きの時間がいつもより短かったとか。

薪が乾いていたからではということでしたが、

自然の力を利用した登り窯の窯焚きならではです。

 

今回も登り窯らしい、力強い器がたくさん生まれていました。

現在やちむん展開催中のため、ご紹介するのは少し先になるかと

思いますが、どうぞお楽しみに。

 

同じく共同窯で、次に窯焚きをする黒木史人窯を覗くと、

夫婦そろって窯詰めの準備中でした。

 

器を重ねて窯の中に入れる為、器同士が重なる部分の釉薬を剥ぐ作業です。

しっかりと中心が揃うように重ねます。

 

家族で仕事をする小鹿田ならではの風景です。

 

例年小鹿田では、5月に「唐臼祭」という

小鹿田焼窯元主催のお祭りをしてきましたが、

昨年7月の豪雨災害の影響がまだ残っていることから、

今年は開催が見送られることとなりました。

小鹿田集落内で被害を受けた唐臼や採土場の修繕は、

概ね順調に進んでいるようです。

一方、近隣の大規模な土砂崩れがあった箇所などは、

仮復旧のままの所も多く、本格的な復興にはまだまだ時間が

かかるのではと思われます。

少しでも早く、皆さんが安心して暮らせるようになることを願ってやみません。

 

なお、店頭で募らせていただいた小鹿田の災害支援募金は、

累計¥426,907となりました。

手仕事フォーラムを通じて、小鹿田焼協同組合に寄付致しました。

募金は3/31をもって終了いたしました。

たくさんのご支援に心から感謝申し上げます。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:878 最後に更新した日:2018/05/28

search this site.

others

mobile

qrcode