仕入れ日記 沖縄・読谷山北窯 松田共司工房・宮城工房 

 

「やちむん展」の仕入れの為に、沖縄読谷山北窯に行って参りました。

4月の沖縄は、時折もくもくと雲が現れるも晴れの日が続き、

涼しい風が心地よく吹いていました。

 

 

今回も沢山のやちむんが生まれていました。

 

共司さん自身が古典を意識して作ったという

・線彫り色差しのチューかー

・緑釉掛けや藍絵付けの渡名喜瓶

皿やマカイ、湯呑みなどの食器類も形良く美しいものを

1つ1つ手にとって選んできました。

特に皿は、表面の色合いが窯変で白化粧の地部分がチリチリと変化し、

色を乗せた部分の際が滲んだようになって、なんとも言えない味わい深さがあります。

 

松田共司さんです。ご自身でつくった蓋物を持ってもらいました。

共司さんらしい大らかな丸い曲線が魅力的です。

三彩点打も飴釉と緑釉が明るく美しい色です。

 

そして、写真に撮ることは出来ませんでしたが、宮城工房でも

・宮城さんがつくった力強い藍唐草の大皿

・今回久しぶりに絵付けをした鉄とオーグスヤーの幾何紋の皿類など

焼き上がりの良いものを選んできました。

 

今回の窯出しのものは、もやい工藝「やちむん展」に並びます。

どうぞ、ご期待ください。

 

「やちむん展」

4月21日(土)〜5月14日(月) ※火曜定休

AM10:00〜PM5:00

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:880 最後に更新した日:2018/06/24

search this site.

others

mobile

qrcode