石見焼・宮内窯の塩壺

先日のNHK BS「イッピン」では、石見焼が取り上げられ、

その中で、久野恵一が宮内窯と共に取り組んだ製品も紹介して頂きました。

 

そこで紹介された塩壺をご紹介します。

 

石見の土は塩分に強く、また、高温度での焼成に耐えることから硬質な性質を持ちます。

この性質を活かし、古くは甕などの大きな保存容器の生産が盛んでした。

 

そんな石見焼ならではの特長を活かして、

久野恵一が現在の生活にも適する品をとして考案、

作って頂いたものの一つが塩壺です。

 

丸い胴に、傘のような形の蓋を乗せた可愛らしい形。

 

白化粧土を刷毛でさっと引かれており、

石見のグレーの土色との淡いコントラストが良い風合いを醸し出します。

 

ちなみに石見焼のもので白化粧をすることはほとんどありません。

多くは透明釉をかけただけであったり、

保存容器としての堅牢さ(耐水性、耐酸性)を高めるため、

瓦などに用いられる来待釉をかけたもの(茶色く呈色します)が中心です。

先代の宮内謙一さんがかつて福岡県・小石原でロクロ職人として

働いていた経験から、小石原焼から白化粧をするアイディアを

採り入れたのではないかとのこと。

この塩壺にもうまく採り入れられたと言えるでしょう。

 

ちなみに、久野恵一が宮内さんに預けていた見本がこちら。

小鹿田焼・柳瀬朝夫窯の薬味入れが見本でした。

形は似ていますが、宮内さんならではの感覚と

石見焼の特長も合わさり、別物に生まれ変わったと言えるでしょう。

 

黒色もあります。

 

コロンとした形で、見るのも使うのも楽しい一品。

ぜひ生活に採り入れてみてください。

 

番組は4/3にも再放送予定です。どうぞご覧ください。

http://www4.nhk.or.jp/ippin/x/2018-04-03/10/18271/2118188/


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:880 最後に更新した日:2018/06/24

search this site.

others

mobile

qrcode