瀬戸焼・一里塚本業窯の器

瀬戸焼・一里塚本業窯から入荷していますので、いくつかご紹介します。

 

瀬戸ならではの白い土に、シンプルに灰釉や飴釉をかけた器です。

灰釉は、黄色味がかった透明感のある暖かみのある色合いです。

飴釉は色の濃淡の変化が良い風合いを見せます。

 

灰釉の物は、焼成時に生まれる貫入(釉薬内のガラス質の細かいヒビ)があります。

使用とともに変化し、味わいが増していきます。

 

 

8寸皿。

しっかりと取られた縁と、内側に施された2本の線で

釉薬のコントラストが生まれ、自然な模様のようになっています。

シンプルですが、食卓で料理を引き立ててくれます。

 

 

片口。

写真奥の直線的に立ち上がる形は定番ですが、

今回は胴が丸型のもの(写真手前)も入荷しています。

 

飯碗。

スッと立ち上がる綺麗な形です。

 

今回ご紹介した他にもマグ、カップアンドソーサー、湯呑みなど。

いずれも、作り手・水野雅之さんの高いロクロ技術が感じられます。

 

ぜひ食卓に採り入れてみてはいかがでしょうか。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:873 最後に更新した日:2018/04/21

search this site.

others

mobile

qrcode