白木の木工品

食卓に載せる木工の器は、漆などで塗られたものが一般的では無いでしょうか。

ここでは、白木(=無塗装)のものをご紹介します。

 

先日ご紹介した、吉田璋也氏デザインのパン切り台。

富山・庄川で作られています。

白木としたことで、トチのきめ細かく柔らかな白色の肌を活かしています。

木目ははっきりとしておらず、ややぼんやりとしていますが、

肌の色と相まって良い雰囲気を醸し出しています。

 

縁の部分には溝が備えられており、パンを切った時に出るクズが

散らばらないよう考慮されています。

パン切り台ですが、もちろんパン以外にも使っていただけます。

 

続いて、定番のケヤキのパン皿。

パン切り台と同じく、富山・庄川のわたなべ木工芸にお願いして

作っていただいているものです。

ケヤキは力強く美しい木目が印象的です。

一枚一枚が全く違う表情を持つのが面白いです。

 

続いて、宮島のバターナイフとジャムスプーン。

こちらは桜や桑、ケヤキを材料に用いたものです。

 

 

いずれも白木ならではの木の温もりを感じられるものです。

天然の木ですので一つ一つ表情が異なりますし、

使い込むうちに油などが染み込み、風合いが変わっていくのも

白木ならではの楽しみです。

ぜひお気に入りの一品を見つけてください。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:880 最後に更新した日:2018/06/24

search this site.

others

mobile

qrcode