仕入れ日記 2017年9月14日 読谷山北窯 松田共司工房 宮城工房

読谷山北窯へ仕入れのために窯出しに行ってまいりました。

台風18号の影響で雨や風が強い中での窯出しです。

 

窯の皆さんは「これぐらいだったら大丈夫ですよ」と、

いつも通りに窯出ししたものを工房に並べていました。

 

共司さんの工房の様子です。

皿やマカイなどの器が多い半面、カラカラやチューカーなどの

立体的なものはいつもより少ない印象でした。

 

様々な技法で美しいものがたくさん生まれていました。

 

「今回は八寸皿と七寸皿をたくさん挽きました」と共司さん。

その中でも眼を引いた、イッチン葉紋の皿を持ってもらいました。

スピード感のあるイッチンでの絵付け。

地の部分が赤茶やオリーブグリーンに窯変し、見所がたくさんあります。

 

手前に見えるのは、共司さんが古典をうつしたという鉢と皿です。

「一所懸命昔のものに近づけようと作るんだけど、

 見込みの広さや外から見た形とか難しいねー」

毎窯何か古典に挑戦し、学ぼうとする共司さんです。

 

そして、宮城工房も量は少ないですが、

宮城さんらしい骨格のある皿や力強いイッチン唐草の絵付けなど、

美しいものを選んできました。

 

今回の窯出しのものは、11月にもやい工芸に並ぶ予定です。

ご期待ください。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:859 最後に更新した日:2017/10/20

search this site.

others

mobile

qrcode