「お菓子と民藝」ポンポンケークス×モヤイズ×もやい工藝

期間限定器の出来るまで

 

3月の中旬にスタッフの尾上さんから

「今年もポンポンケークスさんでイベントをします。

そこでイベント期間限定の特別注文の器を、もやい工藝でもつくりたいのですが。」

と、相談がありました。

イメージは、「黄色で」とのこと。

沖縄で今、上手になってきている作り手が浮かびました。

沖縄伝統の技法を生かしてもらおうと、白土を全体に引いた上に、

イッチン(筒またはスポイトに白土を入れ、絞り出しで絵付けをしてゆく技法)

で絵付けをしてもらい、黄色になるように調合した釉薬を全体にかけてもらえば、

良い器ができそうだと思いました。

 

大皿、中皿、銘々ケーキ皿、その他ケーキに合わせた器・・・

実際にケーキを乗せたところを想像しながら、形と柄を考えてゆきました。

 

 

そして2か月が経ち、沖縄から荷が届きました。

予想以上の仕上がりで、尾上さんと喜びました。

「ポンポンケークスさんのケーキを早く乗せたい!」

 

 

イッチンの盛り上がりの間や下に釉薬のたまりが出来、

黄釉の濃淡の面白さがあります。

焼きの強い部分がこげ茶色になり、黄色い部分のグラデーションと

かさなりあい味わい深いです。 表面に茶色い点々が見えるのは、

修業時代の読谷山北窯の飴釉の製法を守っているからとの事で、

この方法だと少し不純物が混じるので、調合比や焼きの調子で

この点々が出るのだそうです。 それが器に深みを添えています。

イッチンものびやかでスピード感があります。

作り手本人も「久しぶりにイッチンを沢山やれて楽しかったです。」

そんな楽しさが文様から伝わってきます。

 

この器は6月17日からもやい工藝で販売されます。

どうぞご覧になりにいらしてください。

 

次回から、このブログ上で器について書いてゆきたいと思います。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:856 最後に更新した日:2017/08/14

search this site.

others

mobile

qrcode