仕入れ日記 小鹿田焼共同窯(黒木富雄(昌伸)窯、黒木史人窯)後編

そんな中、共同窯(黒木富雄(昌伸)窯、黒木史人窯)の窯出しです。

豪雨の影響で半月ほど遅れての窯焚きでした。

ちょうど台風の接近と重なり、強風が吹いた為に火が暴れたそうですが、

上がりにはそれほど影響なさそうです。
他にも個人窯の坂本義孝窯が窯出しをしており、こちらも上がりは上々の様子でした。

普段と変わらぬ窯出し、やはり出て来たものを見ていると元気をもらえます。

 

使い勝手の良い皿やカップ、鉢など、小鹿田らしい普段使いの器を中心に、

選んで来ました。入荷をどうぞお楽しみに。

 

坂本正美窯へ立ち寄ると、修理された唐臼がいつものように音を鳴らしていました。

健一郎さんも次の窯に向けて作り始めています。

 

坂本浩二窯も同じ。

このところ復興に向けた打ち合わせが多いそうで、

なかなか仕事が出来ないと浩二さんは嘆いていましたが

そんな中でも時間を見つけては、ロクロを廻します。

 

小鹿田は着実に前に進んでいます。

完全復活までにはまだ長い時間がかかるかもしれませんが、

応援していきたいと思います。


仕入れ日記 小鹿田焼共同窯(黒木富雄(昌伸)窯、黒木史人窯)前編

8/10から11にかけて、小鹿田焼共同窯の窯出しに行って来ました。

 

豪雨があったのが先月7/5。それから1ヶ月余りが経ちました。

唐臼が流されたことや、採土場が崩れたことは聞いていましたが、

実際はどうなのか…小鹿田の皆さんはどうしているのか。

ずっと心配でした。

 

日田市内から小鹿田へ向かう道に入り、しばらく進むと

小野地区の大規模な崖崩れの現場があります。

あまりにもな状況に言葉が出ません。

道は仮復旧され、交互通行で開通している状況です。

濫りに立ち入るような場所ではないことを認識させられます。

その後の道も、至る所で崩落していたり路面のアスファルトが

剥がされていたりという状況です。

 

小鹿田に入り、まず柳瀬朝夫窯へ。

一番被害がひどいと聞いていました。

唐臼の小屋の内部。

コンクリート柱の高さまで土砂や流木が入ったそうですが、

ボランティアの皆さんの力を借りてなんとか綺麗になったそうです。

 

中央右手が、唐臼を動かすための水路です。

川から取水する堰が損壊し、土砂が流れ込んだため

唐臼が動かせる状況ではありません。

(水路の土砂はその後ボランティアの皆さんにより除去されました)

 

この他にも、坂本工窯、坂本浩二窯、坂本正美窯の唐臼が流されたりしています。

流されていなくても、流木が当たるなどしたために壊れてしまったり、

水路の底に土砂が入ったためにうまく動かないなどの状況があるとのことです。

 

(後編へ続きます)

※手仕事フォーラムブログにも同内容でアップ予定です


仕入れ日記2 沖縄 読谷村北窯 松田共司工房 宮城工房

今回共司さんがつくった、白い按瓶を持ってもらいました。

白掛けのみにしたことで、形の良さや技術の高さが際立ちます。

 

 

722()からもやい工藝で始まる「涼夏の会」用にも、少し選んできました。

会に間に合うように、一足早先に届けてもらいます。

宮城工房も焼きあがりが良い物を、沢山選びました。

こちらも「涼夏の会」用にアイスクリーム入れ(古典の高盃に似ている)や

いっちんのアイスペール、その他宮城さんらしい深い呉須の皿など

夏らしいものを送りました。

「涼夏の会」に選んだもの以外は、8月にお店に出してゆこうと思います。

どうぞご期待ください。


仕入れ日記1 2017年6月29日 読谷山北窯 松田共司工房 宮城工房

読谷山北窯へ、仕入れの為に窯出しに行って参りました。

1週間前に梅雨明けした沖縄は、青空が広がり、

ガジュマルやオオタニワタリなどの植物が

強い日差しの中で生き生きと輝いていました。


工房に着くと、窯から工房に次々とやちむんが運び込まれ、

親方の指示のもと、種類ごとにきちんと並べられてゆくところでした。

チームワークが良いので、無駄の無い動きです。

今回は酸化のものが多く、特に絵付けのものが美しい焼き上がりでした。
・普段使いに良さそうな藍唐草のお皿や二彩葉紋のマカイ、

 藍点打のマカイなどの美しいものが沢山あります。

・手前に見えるのは、共司さんが今回つくったという古典写しの湧田カラカラ。

 全体の形のバランスの見事さに加えて珊瑚礁を混ぜたという

 陶土の素焼きの部分に登り窯の炎が当たり、

 赤く窯変しているところが見所の一つとなっています。

 


仕入れ日記 沖縄・読谷村北窯 宮城工房・松田共司工房

沖縄・読谷村北窯の窯出しに行ってまいりました。

4月とはいえ、まだ肌寒い沖縄です。

 

窯出しの日の天候は、晴れのち曇りのち雨。

晴れた瞬間です。

赤瓦の赤と空の青の対比がきれいだなあといつも思います。

 

松田共司さんの工房です。

窯出しされたやちむんをお弟子さんたちが手際よく並べてゆきます。

 

  

共司工房のやちむんです。

今回も1つ1つ手にとって選んで来ました。

・胴体の曲線ときりっと締まった縁の際との対比や、線彫りが見事な古典写しのカラカラ

・藍点打がかわいらしい印象の使いやすそうな小ワンブー

・溶けきらなかったオーグスヤー(青釉)のどろりとした質感が面白い、トビカンナの皿

・のびやかな藍唐草の筆致が美しい定番の7寸皿

・湧田型フィガキマカイ

ここでは紹介しきれないくらいの、魅力あるものがたくさん生まれていました。

 

松田共司さん。

 

そして、こちらに写真は載せられませんでしたが、

宮城工房でも美しい焼き上がりのものを選んで来ました。

・赤土の地が窯変でちりちりとした灰褐色になった、イッチン唐草の丸鉢

・呉須唐草に線彫を施した、宮城さんらしい素朴な美しさのある大皿 など

 

今回の窯出しのものは、もやい工藝「やちむん展」に並びます。

どうぞご期待ください。

 

「やちむん展」

4月22日(土)〜5月15日(月) ※火曜定休

AM10:00〜PM5:00


仕入れ日記・読谷山北窯(松田共司・宮城正享工房)窯出し

読谷村・北窯の窯出しに来ました。

関東はようやく秋を感じつつありますが、沖縄はまだまだ夏の陽気。

セミが元気良く鳴いています。

 

2日前には過去最強と言われる台風18号が沖縄に接近。

幸い沖縄本島は大きな影響を受けず、窯出しも順調に進んでいました。

 

松田共司さんの工房。

お弟子さん達が窯から器を出して、工房に並べていきます。

 

焼き上がりも上々。

今回、絵付けのコバルト釉が特に鮮やかで、

活き活きとした表情を見せていました。

 

自然の力を利用して焼き上げる登り窯。

失敗も多いですが、そこから生まれるものは実に魅力的で、

毎回毎回が楽しみです。

 

皆さんにご覧いただくまでもう少々お時間をいただきますが、

どうぞお楽しみに。

 


仕入れ日記 7月28日(木)沖縄読谷山北窯 松田共司工房、宮城工房

北窯の窯出しに行って参りました。夏の沖縄は暑く、窯の中の温度も下がらず、厳しい熱さの中での窯出しです。

そんな中でも、共司さんとお弟子さんでものの出来について話したり、

てきぱきとものを整理したり...と窯出しは着々と進んでゆきます。

皿、マカイ、ゆのみなど色鮮やかで美しい雑器に加えて、一番袋に入れた渡名喜瓶や油壺などに味わい深いものがありました。

松田共司さんが今回いくつかつくってみたという、古いものをうつしたカラカラを持ってもらいました。

「古いものをうつして作るのは、面白いねー。」と楽しそうに話す共司さん。

円盤型をした独特な形と縁のきりっとしたつくりが美しいカラカラです。

絵つけは、古典を感じさせながら共司さんらしい明るさが加わった魅力あるものとなっています。

今回の窯出しのものは、9月にもやい工芸に並びます。

ご期待ください。


小鹿田焼共同窯窯出し

小鹿田焼・共同窯の窯出しがありました。

今月(7月)の共同窯の窯出しは2回ありますが、

今回は前半組の柳瀬朝夫窯、黒木富雄窯、黒木史人窯の3窯元です。

 

 

夏の窯出しはとにかく暑い。

炊いたあとの窯もなかなか冷めず、約1日間の冷却期間を置いた後の

窯出しの日でも、窯の中の器はまだ素手では触れないほどだそう。

もちろん窯の中も灼熱状態。出すだけでも過酷な労働です。

黒木昌伸さん曰く「意識が飛びそうになった」そうです。

 

そんな中でも、皆さん窯出しと仕分けを進めます。

 

今回も良い焼き上がりでした。

 

雨が多いこの季節。

唐臼はいつもより忙しく動いていたように感じられました。

 

 

 


仕入れ日記 沖縄読谷山北窯松田共司工房、宮城工房

沖縄は、5月16日から梅雨入りです。
5月18日の窯出しは雨の中で行われました。


松田共司さんの工房です。お弟子さん達が共司さんに声をかけられながら、
工房に陶器を運び入れ、整理しています。
皿、マカイ、蓋物な どの食器に加えて、油壷やしのぎ瓶なども
美しいものが出ていました。
今回変えてみたという、白化粧用の白土を使った美しい地の上に、
あざやかな釉薬の色が映えます。


共司さんがひいた8寸皿です。藍飴葉紋の皿。
おおらかな沖縄らしい形に、大胆で迷いの無い絵付け。
力強い美しさを感じます。

今回の窯出しのものは、6月下旬にはもやい工芸に並ぶ予定です。
そして、今回のものの中から、7月下旬からもやい工芸で始まる
「涼夏の会」用にも、夏らしいものを少し選びました。

ご期待ください。

沖縄読谷山北窯 仕入日記

松田共司さんが久しぶりにつくったという丸紋の按瓶。

「沖縄では昔は水を注ぐものとして使われていました。」
と共司さんが教えてくれました。
共司さんらしいがっちりとしていて調和のとれた形。丸紋ではない部分に茶色やうぐいす色と様々な表情があり、登り窯ならではの魅力があります。これに麦茶やさんぴん茶をたっぷりと入れ、注いでみたいものです。


小ぶりですが引き締まった形の渡名喜瓶です。
「オーグスヤーの色が変化していて面白いねー。黒釉の方も陶土を変えたのでいつもと少し違う荒っぽい雰囲気が出ました。」と共司さん。

こちらも3月30日(水)からの「沖縄やちむん展」に並びます。
ご覧になりにいらしてください。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

selected entries

archives

links

Facebook

Keiichi Kunoさんの「いいね!」

「いいね!」バナーを作成

profile

書いた記事数:856 最後に更新した日:2017/08/14

search this site.

others

mobile

qrcode